民法の問題集の解説に詐害行為取消権は訴えによって行使され

民法債権 民法の問題集の解説に詐害行為取消権は訴えによって行使され。民法の問題集の解説に、「詐害行為取消権は訴えによって行使されなければならず、抗弁によって行使することはできない。」
、という記述があったのですが、どういう意味ですか?ご記載のとおりです。詐害行為取消権の行使は訴訟でする他ないです。これだけのことです。
ふつうは売買契約とかってA「うります」B「かいます」で成立しますよね?いきなり、A「売買契約に基づく物の引き渡し請求を提起する!」とか訴えによって権利を行使しないですよね?Bも、買ってない事を口頭で言うにすぎず、「売買契約に基づく債務の不存在確認請求だ!」と裁判を起こすこともふつうは無いです。でも詐害行為取消権の場合は、このように訴えを提起してしか、詐害行為があったんだ!取り消すぞ!と主張する事ができないという事です。なぜ裁判上でしか主張できないかは、たぶんwikiとかに書いてますよ。
多くの方かたくさんアドバイスをしてくださり、大変勉強の助けになりました。深く感謝を致します。
民事訴訟法と要件事実を勉強しないと理解は不可能です。とりあえずの理解としてであれば訴訟ではお互いが好き勝手なことを言い合うと終わらなくなるので訴えた側原告の言い分が認められるかどうかしか判断しないと言うルールになっていることを前提に訴えた側が言い分として、詐害行為だから金払えと主張するのはokだけど訴えられた側が詐害行為で取り消されるような言い分は認められないねと反論してはダメと言うこと。詐害行為は相手の請求される裁判での防御としては主張できず詐害行為だから金払ってくれと言う攻撃でしか使えないと言うことさらに言い換えれば詐害行為かどうかを判断する裁判はできるけど他の裁判の中での言い合いとして言い出すとキリがないから言ってはいけないと言うルールになってると言うこと。サッカーで手を使ってはいけないのと同じで、詳しくない人が何でかを理解することは不可能なのでこの程度の説明が適切だと考えます
受益者にあたる相手方が債権者にあたる者に対して逆に自己の持つ債権を訴訟で行使してきた場合に、抗弁として詐害行為取消権を行使して、自分もその結果金銭請求できるから相殺を主張するみたいなことはできないという事です。行使したいなら自分から訴訟を起こさなきゃならないということ。
第四百二十四条 債権者は、債務者が債権者を害することを知ってした法律行為の取消しを裁判所に請求することができる。明文規定があるんだから、詐害行為取消権は裁判所に自分で請求しなければならないことはわかりますよね。そういうことです。
詐害行為取消権。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。 詐害行為取消権を行使するためには、その行為によって利益を受けた者が行為時において債権者を害すべき事実を知っている 。 相当な対価で売却したとしても、不動産が金銭に変わってしまうと、消費される可能性が高まり、債権者の地位が不安定になる。 最初に一問一答式の問題集を解き、その後に解説講義を見ます。
簡単?分かりやすい民法改正解説~シリーズ10。民法改正解説~債権者取消権?後編行使方法?効果に関する改正:受益者?転得者を被告として詐害行為の取消と現物の返還又は価格賠償を、 。 今回は,前回の続き、 大幅に改正されることとなった「債権者取消権」の後編最終編です。
詐害行為取消権。債権者Aは,財産を譲り受けた受益者Cだけを訴えて強制執行ができればよいのだから,債務者Bを共同被告とする必要はない。 この理論によると,Aの詐害行為取消権 によってCからBへと財産が取り戻されることになるとしても,Bは,BC間の 。 対抗不能を否認権説によって説明する場合,否認という用語は,民法49条2項において対抗問題 を表すものとしてすでに利用されている。 オ。 弁済を受けたことにつき詐害行為取消権 を行使された者は,自己の債権に係る按分額の支払を拒むことができる。
詐害行為取消権。改正債権法の要点解説第6回では、「詐害行為取消権」の改正点について説明します。 詐。 害行為 。 詐害行為取消権に関しては、従前の判例や学説上確立された解釈を条文化するという改。 正が多く 。 改正前の民法では、詐害行為取消権の要件として、条文上、「債権者は、債務者が債。 権者を 。 詐害行為取消権を行使した場合の、詐害行為の取消しという効果は、従前は、解 。 る偏頗行為としての取消しが問題となります。しかし、。
詐害行為取消権の期間の制限消滅時効民法改正:宅建。改正後の内容→「詐害行為取消請求に係る訴えは、債務者が債権者を害することを知って行為をしたことを債権者が知った時 。 者が取消しの原因を知った時から2年間」 もしくは「行為の時から20年間」を経過すると「時効によって消滅する」とされていました。
債権者代位権。民法Ⅱ教材Ⅵ。 山田誠一。 2。 [3] 代位して行使される権利被保全債権が金銭債権の場合[民法Ⅲ:79-81]。 1 債権者は、どのような債務者の権利を、 。 被代位権利である金銭債権の自己への履行を求めて訴えを提起することができる代位訴訟。 民法Ⅱ教材Ⅵ。 山田誠一。 4。 [6] 補論転々譲渡の場合の所有権移転登記。 1 どのような問題か:A から B への売買契約が行なわれ、B から C への売買契約が行なわれた場 。 分によって生じた場合に、原則として詐害行為取消権を行使することができる。
民法424条詐害行為取消権の解説。民法424条詐害行為取消権の趣旨、要件、論点の解説と具体例。 ただし、その行為によって利益を受けた者又は転得者がその行為又は転得の時において債権者を害すべき事実を知らなかったときは、この限りでない。 2項前項の規定は、財産権を目的と。
民法債権。2 被保全債権が詐害行為前に成立したこと→ 取消権を行使する債権者の債権は、 原則として詐害行為の前に成立していなければならない最判昭33。2。21。 ③ 詐害 行為後に発生した遅延損害金は、詐害行為取消権によって保全される債権の額に含まれる最判平8。2。8。 間の売買契約によって損害を受けた場合であっても、その契約を詐害行為として取り消すことができない。○か×か? 解答。 平7-8-イ:○。 問題 。 1 詐害行為取消権は、訴えによって行使しなければならない424条1項。
最判平10.6.22詐害行為の受益者と消滅時効の援用。詐害行為の受益者は、詐害行為取消権行使の直接の相手方とされている上、これが行使されると債権者との間で詐害行為が 。 権を行使する債権者の債権が消滅すれば右の利益喪失を免れることができる地位にあるから、右債権者の債権の消滅によって 。 平成28年度、問題27、選択肢ウ 。 民法の判例集平成」一覧に戻る 。 行政事件訴訟法の逐条解説民法の逐条解説総則民法の逐条解説物権民法の問題集 債権。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です